a Dreamy state of mind

ス/キ/ビ/と銀/の/バ/ラ/騎/士/団をこよなく愛す二次元サイトです。更新回数は低めです・・・・。初めましてをお読み下さい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天吾の決意2

皆さんお久しぶりでございます。
最近コメントを頂いて銀バラ熱が蘇っております。(笑)
コメントってテンションあがりますね♪♪♪
いつも覗くだけのベリですが今度からはなるべくコメントを残そうと思います。
遅くなりましたが続きをどうぞ




腰に響く低音ボイスが響いた

「え?聖樹?なんでここに?」

「仕事が早く済んだからユメミと一緒に子ども達の様子をみようと思ってね。で?ユメミその子は?」

「聖樹あのね……………」


ざっと今までの経緯を話した。

どうしたら良いのかわからず、しがみつき泣き続けるリリーちゃんを抱き締めて背中を撫でていた時

「ユメミちゃんどこー?」

「え?なんで?天吾の声?」

「あ!姉ちゃんだ」

「え?人吾まで??」

私は状況が飲み込めず聖樹をみると

「実は義父さんがアメリカ勤務が決まったらしく二人も一緒にと考えてたみたいだけど、二人の希望でうちで預かる事にしたんだよ」

「一昨日パパに電話した時は何も言ってなかったわよ」

「おやじには俺たちが言うから黙っててもらった!」

相変わらず元気な人吾

「ユメミちゃんを驚かせたかったからね!で?ユメミちゃんなんでその子泣いてるの?」

しっかり者の天吾人間観察は彼の得意分野

「今泣いてるリリーちゃんは3ヶ月前にご両親と事故に合って、ここに来たの今初めて声をあげて泣いてるのよ」

優しく語りかけていると

「…………決めた!!」

「天吾どうしたの急に?」

少し会わないうちに背が伸びた天吾は聖樹の目を見つめながら

「聖樹兄ちゃん!!決めた!!僕一生リリーちゃんを守る!!」

「てっ天吾?」

驚きを隠せないわたしを茅の外において聖樹は

「天吾君の決意はわかった。でも君はまだ中学生だ、君だけの意思では彼女を引き取る事も出来ない、わかるね?」

「うん!!でも聖樹兄ちゃんリリーちゃんを僕のお嫁さんにしたいんだ!!」

全くもって状況が飲み込めない私は天吾を見つめるしかなかった

「でも、わかってる。僕らはまだまだ扶養家族だからいろんな事を保護者に頼らないといけないけど…………」

聖樹への説得に息詰まったと同時に

「でもさ天吾、天吾ならリリーちゃん一人くらいなら貯金で食べさせて行けるだろ!?」

「まあね、何せ聖樹兄ちゃん個人資産一部を借りての株をやってみたんだ♪♪」

「天吾あんたいつの間に…」

「そうしたら面白くってさ色々やってみたら3ヶ月で全て返せたんだ余った資金の一部を不動産に投資して毎月結構な金額が僕名義の入って来るんだ♪♪」

「ちなみに俺の貯金も天吾が管理してて、いまじゃ聖樹お兄ちゃんの会社の一部で筆頭株主なんだよ♪」

私の頭は情報容量を超えたらしく呆然とするばかり、か幼いと思っていた双子の口から株たの不動産などでてくるなんて!!私の可愛い弟が!!

「聖樹お兄ちゃんお願いします。僕リリーちゃんの側にいてあげたいんだ!!」

「兄貴、頼むよ俺からも天吾をリリーちゃんの側にいさせて欲しい。」

二人そろって頭を下げた

「困ったな(笑)かわいい義弟(おとうと)たちに頼まれたら断るのが難しいな」

珍しく聖樹が演技している(私にはバレバレだけど)

天吾と人吾はあと一押しと思ったのか土下座する勢いで

「お兄ちゃん(兄貴)お願いします。」

考え(る振りをしてい)る聖樹は

「条件がある。」

聖樹のあまりに真剣な表情(演技)に息をのむ二人

「まずリリーちゃんを引き取るとしてだ、彼女はペットではない、飽きたから世話をしないなど言語道断だ。そして彼女に寂しい思いをさせない、彼女はまだ小さいからわがままも言うし、病気になったりしたら世話もしないといけないよ?君達が遊びたい時に遊べないかもしれない。」

「わかってるそこはわきまえてるよ。」

「もちろん学業も疎かにしてはいけないよ、そして彼女が将来どこに嫁いでも良いようにしっかりとマナーを教える事。」

「だから僕のお嫁さんにするの!!」

「天吾君仮に君が婚約者になるとしよう、そこに彼女の意思はないのかい??」

そこで何かに気付いた天吾は

「リリーちゃんごめん君の意思を聞いてなかった。」

と言ってリリーちゃんに近付き

「リリーちゃん僕は天吾だよ。こっちは双子の弟人吾、それから僕の姉ちゃんユメミちゃんと旦那の聖樹お兄ちゃんリリーちゃんの新しい家族だよ♪」

「てんにいに?」

「そう」

優しく頷く天吾

「じんにいに」

「はいよ」

少しぶっきらぼうに返事をした人吾

「ねぇね?」

と可愛く私を呼ぶリリーちゃんを抱きしめながら

「リリーちゃん呼んだ?」

少し遠慮気味に

「せいにいに?」

「なんだい我が家のお姫様?」

と片膝を付きながら私の横に座りリリーちゃんを除きこむ聖樹

「ねぇねだーしゅきにいにだーしゅき」

みんなに囲まれ幸せそうに笑うリリーちゃん

彼女の笑顔は天吾の中でこの笑顔がいつまでも消えないようにと心に誓う天吾の決意はどちらかが天に召されるまで続くのでした。
スポンサーサイト
  1. 2014/06/10(火) 13:19:14|
  2. 銀バラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

天吾の決意

私鈴影ユメミは、銀のバラ騎士団のダアム(貴女)となり聖樹との結婚も無事に結婚出来た。

ミカエリス婦人になりある程度自由に行動に制限を受けるけど、以前から働きかけていた孤児院や小児療養施設の訪問の願いが叶った。


ダアムの職務をこなしながら何とか予定をあけて孤児院への慰問の日が訪れた。


孤児院には広い庭がありそこでは男の子達がサッカーをしていた。


施設内に入り園長先生とお話しをしたあと園内を見て回ると、サッカーをしていた子ども達に囲まれた。

「あっ!!もしかしてユメミ様じゃない?」

「え!?ユメミ様ってミカエリス婦人のユメミ様?

「こらこらあなた達ユメミ様がびっくりしてらっしゃるじゃない、ご挨拶は?」

「「「「「こんにちは、ようこそおいで下さいました。ユメミ様」」」」」

「初めましてユメミです。今日は皆さんと一緒にご飯を食べたり遊んだりしたいと思います。みんな仲良くしてね?」

「「「「「はーい」」」」」

私は子ども達にもみくちゃにされながらみんなのお部屋を見せてもらって一人一人の話を聞いているとあっと言う間に、お昼ご飯の時間になった。

「ミカエリス婦人のお口にあえばいいので……」

「園長先生現在ミカエリス家の者ですが出身は一般階級の家ですのでお気遣い不要です」

「ユメミ様………」

「園長先生私は一個人としてこちらにいますミカエリスの名はお忘れ下さい。さあ皆さんお待たせしました。お昼ご飯を食べましょう」

「「「「「イエス様マリア様今日も美味しいご飯をありがとうございますアーメン」」」」」

普段は時間に追われお昼ご飯を食べる暇もないけれど子ども達と食べるご飯は素朴でどこか懐かしい味がした。


子ども達がある程度食べ終わり片付けが始まっても椅子の上で微動だにしない女の子が目に入った

「あらリリーちゃんまたご飯食べてないの?さぁご飯食べようか?

リリーちゃんと呼ばれた女の子はイヤイヤと頭を振るそんな彼女が気になり

「マリー先生リリーちゃんは………」

「リリーちゃんは3ヶ月前にご両親と旅行先で事故に合ってリリーちゃんだけ無傷で助かりこちらに来ました。」

「そう、マリー先生リリーちゃんは私が見てますので他の子ども達を」

「えっでもミカエ………」

「マリー先生、私は中学の頃に母が他界しました。残されたのはリリーちゃんくらいの双子の弟と家事の出来ない父でした。」

「ユメミ様ご苦労なさっているのですね」

「いえ私は苦労なんて思っていません、だって自分のかわいい弟たちと実の父ですもの皆で肩を寄せ合って頑張って来ま……」
急にスカートを引っ張られそちらに目を向けるとリリーちゃんが私のスカートを握り両目をうるうるさせながら

「ねーねママいない?リーパパママいないのーして?(お姉ちゃんもママいないの?リリーにもパパとママいないのどうして?)」

私はリリーちゃんと同じ視線になるようにしゃがみリリーちゃんの小さな手を握りながら

「リリーちゃんのママとパパは私のママと同じ遠いお空の上でリリーちゃんが元気にご飯食べたり遊んだりしている事を願っているわ」

「ねーねリーママパパあーたい(お姉ちゃんリリーママとパパに会いたい)」

と言ったリリーちゃんは私にしがみつきワンワン泣き出した

その泣き声は園内に響きわたり園長先生まで駆けつけた

「リリーちゃんがあんなに泣くなんて……」

「園長先生リリーちゃんは余り泣かないのですか?」

「はい、パパとママが亡くなってからここに来てからリリーちゃんは大好きなぬいぐるみをだいて抜け殻になりすすり泣きしかしないんです。リリーちゃんがしゃべったのも初めて聞きました」

「え??本当なんですか?」

他の先生までも頷く

「どうした?何があった?」



あさ今後の展開(まだ決まってない)にご期待を♪♪

長々とスミマセンm(__)m相変わらずの自己満足のSSです

皆様お元気でしたか???

自然災害に会われた方々にお見舞い申し上げます。
  1. 2013/10/18(金) 14:05:36|
  2. 銀バラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

休日ランチ

明日は聖樹とゆっくり出来る久しぶりの日曜日♪♪

いつも綺麗にお掃除や美味しい料理を作ってくれる使用人さん達に休暇を与えるために久しぶりに私がご飯を作るの♪♪



明日は目覚ましも携帯アラームも鳴らさず二人でゆっくりさせていただきます♪♪


もちろん携帯は電源オフよ!!

館の電話コードも…………ってこれはやり過ぎよね(焦)


とにもかくにも久しぶりに朝寝坊した私たちはブランチには程遠いランチの時間に目を覚ました


「おはようユメミ」

「ふぁーおはよう聖樹」

聖樹の腕の中はいつも安心する間近にある聖樹の頬にキスをして顔を覗き込み

「そろそろお腹空かない?」

「そう言えば空いたかな?」

「飛びっきりのランチ用意するからね」


そう言うと私はガウンを羽織キッチンへと向かった。


「はーいお待たせ」

先にテーブルに着いていた聖樹の前にプレートを置いた

「ユ、ユメミ?」

「なに聖樹?」

「これは?」

「あら見たことない?」

「いやあるけどこれは………」

「そうよ♪♪お子様ランチよ」

「お子様………」

「食べた事ないでしょ?」

「ないな」

苦笑しながらも何となく嬉しそうな聖樹をみながら

「チキンライスにハンバーグ、目玉焼きにナポリタン、エビフライにコーンスープにデザートにはプリン」

「全部手作り?」

「もちろん!!って言いたいけど、下ごしらえはシェフがやってくれてたから私は揚げたりするだけよ(笑)」

「でも何となくうれしいな総帥になるための厳しい子ども時代をやり直ししてるみたいだ」

「そう言う目論見があったの♪♪喜んでもらえたかしら?」

「結構嬉しいもんだね」

「良かった♪♪また誰もいないときに子どもに返って、ジャンクフードやお子様ランチ食べましょう??」


END



皆さまGWいかがお過ごしでしょうか?ベリは絶賛お仕事中でございます!!!
先日何かのTVか広告でお子様ランチを紹介していたのでふと、鈴影さん食べた事ないよね??と思いついつい妄想に耽りこういった形で出来上がりました♪♪♪



大人もお子様ランチ食べたい時が有りますよね???
  1. 2013/04/28(日) 13:39:31|
  2. 銀バラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嫉妬

第2子目愛息子を出産したユメミ、彼女が母乳を与える姿はいつ見ても聖母マリアの様に神々しく犯しがたい雰囲気である。


だがなんとなく面白くない第1子の聖美(サトミ)の時はなんとも思わなかったのに愛息子がお乳に吸い付いているのを見ると、それは俺のだ!!と主張したくなる!!

総帥が、ミカエリス当主が何を言ってるんだ!!と言われても俺自体もよくわからない。


なので息子を抱くときは

「早く大きくなってママをパパに返してくれ」
と言い聞かせている

そんな俺を見てユメミが

「クスクス聖樹ったら息子に嫉妬?」

「ああ、自分でも信じられないよ」

「良かった」

「何がだい?」

「だって聖樹が嫉妬してくれるのは私をまだ女として見てくれてるって事でしょう?」

「当たり前じゃないか!!最愛の妻で俺ダアムは君だけだ!!」

「それよそれ、意外と赤ちゃん産まれたら女として見てもらえないと嘆いてる人も多いのよ?」

「そうなのか?信じられない!!」

クスクスと可笑しそうに笑うユメミを不思議に思い

「どうしたんだ?」

「聖樹に愛されて子供が二人もいて幸せだなぁと思ったの♪」

「俺は君を見る全ての男に嫉妬するよ」

「独占欲も嬉しいわ♪♪あっそうだ!!お誕生日おめでとう聖樹、あなたが産まれて来てくれて良かったあなたを産んだお母様にそして育ててくれたミカエリスのご両親に感謝するわ」

そういってユメミは俺にkissをした

君と付き合い初めてからずいぶん立つが君からの誕生日プレゼントはいつも特別でサプライズで誰にも君を渡せない!!


ハッピーバースデー鈴影さん♪♪♪

大変遅くなってしまいが!!11月末より家族が緊急入院してしまいやっと今日書きあげました♪♪♪

遅くなってすみません(焦)
  1. 2013/01/11(金) 22:18:10|
  2. 銀バラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

それは非日常5(銀バラ)

サイド聖樹



俺は久しぶりに熟睡した気がする、大学卒業の時に親父から引き継いだ会社と、20歳の頃に自分で立ち上げた会社の社長を兼任している。
いつも時間に追われ接待だの何だと呼び出され、あわよくば自分の娘と結婚させ取引を有利に持って行こうと下心丸見えのおやじの相手ももうなれた。


そんな日常に閉口していた時だった俺は運命の出会いをした。

オフィス街の喫茶店で打ち合わせが終わり帰社し社長室に戻ってきた途端内線が鳴った。

「はい?」

「社長〇〇株式会社に行かれました?」

「行ったけどなにか?」

「〇〇株式会社の方が忘れ物を届けて下さいましたがいかがしますか?」

「は?」

「〇〇株式会社の高天様の部下で佐藤様がお見えですがいかがされますか?」

「〇〇株式会社の佐藤?すぐ行く」


俺は何を忘れてきたんだ?


社長室を飛び出して専用エレベーターで急いで一階のロビーに降りる。


ロビーには癖毛の紙を白いバレッタで留めた女性が待合室で待っていた。


「すみません大変お待たせしました。」

「こちらこそアポなしですみません」

「忘れ物とは?」

「これを・・・本当は担当の高天が来れればいいのですが、今日はどうしても外せない仕事があるので私が届けさせていただきました。」

そっと出された資料はうちと〇〇株式会社のタイアップ作品キスしたい唇『ヌード』の重要機密資料だった。

〇〇株式会社の社長と担当者高天とデザイナーの高坂、俺と担当者リュー・ガルシアしか知らない資料を忘れるなんて・・・

「すみませんありがとうございます」

「いいえでは、私はこれで」

「えっと佐藤さんでしたっけ?」

「はいそうですが?」

首をかしげる姿がが可愛くて見つめてしまった。

「あのーなにか?」

「いえ引き止めてすみません資料届けていただきありがとうございました」


そういって佐藤さんは帰って行った。
  1. 2012/11/19(月) 21:52:56|
  2. 銀バラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。