a Dreamy state of mind

ス/キ/ビ/と銀/の/バ/ラ/騎/士/団をこよなく愛す二次元サイトです。更新回数は低めです・・・・。初めましてをお読み下さい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

それは非日常5(銀バラ)

サイド聖樹



俺は久しぶりに熟睡した気がする、大学卒業の時に親父から引き継いだ会社と、20歳の頃に自分で立ち上げた会社の社長を兼任している。
いつも時間に追われ接待だの何だと呼び出され、あわよくば自分の娘と結婚させ取引を有利に持って行こうと下心丸見えのおやじの相手ももうなれた。


そんな日常に閉口していた時だった俺は運命の出会いをした。

オフィス街の喫茶店で打ち合わせが終わり帰社し社長室に戻ってきた途端内線が鳴った。

「はい?」

「社長〇〇株式会社に行かれました?」

「行ったけどなにか?」

「〇〇株式会社の方が忘れ物を届けて下さいましたがいかがしますか?」

「は?」

「〇〇株式会社の高天様の部下で佐藤様がお見えですがいかがされますか?」

「〇〇株式会社の佐藤?すぐ行く」


俺は何を忘れてきたんだ?


社長室を飛び出して専用エレベーターで急いで一階のロビーに降りる。


ロビーには癖毛の紙を白いバレッタで留めた女性が待合室で待っていた。


「すみません大変お待たせしました。」

「こちらこそアポなしですみません」

「忘れ物とは?」

「これを・・・本当は担当の高天が来れればいいのですが、今日はどうしても外せない仕事があるので私が届けさせていただきました。」

そっと出された資料はうちと〇〇株式会社のタイアップ作品キスしたい唇『ヌード』の重要機密資料だった。

〇〇株式会社の社長と担当者高天とデザイナーの高坂、俺と担当者リュー・ガルシアしか知らない資料を忘れるなんて・・・

「すみませんありがとうございます」

「いいえでは、私はこれで」

「えっと佐藤さんでしたっけ?」

「はいそうですが?」

首をかしげる姿がが可愛くて見つめてしまった。

「あのーなにか?」

「いえ引き止めてすみません資料届けていただきありがとうございました」


そういって佐藤さんは帰って行った。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/19(月) 21:52:56|
  2. 銀バラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

それは非日常4(銀バラ)

久しぶりに拍手コメント頂いてテンションが上がりっぱなしのベリキューです♪♪♪

紫様ありがとうございます!!コメントレスは後日(汗)

久しぶりの執筆なのですが楽しいんです!!!

ひとえに銀バラ二次作品書いてらっしゃる仲間(勝手に思ってます!!陳謝)と覗いて拍手頂く方々のお蔭です!!

まだまだ終わりそうにありませんが今後は蓮とキョーコも出せたらなぁと思ってます!!

それでは作品へどうぞ♪


ピピピピ・ピ・ピピピピピ・ピピピピ

「・・・ミ・・・・・メミ・・・・ユメミ」


ん?
アラ-ム……?と誰かの声??

「ユメミ!!いい加減に起きないと真吾がそろそろ泣くぞ」

は!!!!!!

いけない!!私寝坊しちゃった

ガバっと起きると真吾を抱いた貴緒がいた。

「ごめん貴緒!!」

「お姫様はやっとお目覚めか」

「ごめん貴緒(汗)」

「ほ~ら真吾、真吾の会いたかったユメミお姫様が起きたよ」

そういうと貴緒が半分泣きそうな真吾を渡して来た。

「ごめんね真吾、寂しい思いをさせて」

と何度も真吾に謝った。産まれて5ヶ月の真吾には通じないがあやしているうちにご機嫌になった。

「ユメミも起きたし母屋からブランチ運ばせるか」

といって貴緒はシャワーを浴びに行きリビングで真吾と寛いでいると30分もしないうちにメイドさんがワゴンを押して私達のブランチと真吾のミルクを運んで来てくれた。


「で?」

「でって??」

「確か昨日は会社の飲み会って言ってたのになんで午前様なんだ??ユメミはいつも一次会でふけるよな??」

「えっと………」

「ほらさっさとはけよ」




…………………



「と言うことなの」

「ふーん、んでそいつの名前は???」

「………じゅ」

「なんだって?」

「だから聖樹!!聖樹って名前しか覚えてない………」

「あっそう、今度そいつに会うときは真吾をうちの乳母に預けとけよ」

「ちょっと貴緒、私はもう会う気ないし絶対会わないわ」

「ユメミはなくても相手はあると思うぞ」

「何を根拠に?」

「首筋鏡で見て来い」

真吾を貴緒に預け洗面所で見てみると丸く赤い痕が

「なっ何なのよこれ!!!」
洗面所の柱にもたれかかり真吾をあやしながら

「知らないのか?」

「何が?」

「キスマーク」

「は?キスマーク?」

「普通一夜限りの遊びならそんなのはつけないな、下手したら避妊してないかもな」

絶句と言うことはこの事何だろうと初めて痛感した。
  1. 2012/11/02(金) 22:41:23|
  2. 銀バラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。