a Dreamy state of mind

ス/キ/ビ/と銀/の/バ/ラ/騎/士/団をこよなく愛す二次元サイトです。更新回数は低めです・・・・。初めましてをお読み下さい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

それは非日常6(銀バラ)

長らくお待たせしました。
非日常(パラレル)です♪♪♪










それからの俺は自分が信じられないくらい佐藤さんが気になって仕方がなかった

高天にそれとなく彼女の事を聞きだし彼女の名前を口の中で噛み締めてみたり、俺の脳内はユメミ一色になり大事な商談や会議でも彼女の事が忘れられず今までに無い自己嫌悪に陥ってしまった。

いい加減にしないと、と思い彼女をあきらめようと決意した時事が起こった

それはある接待の帰りがけ繁華街と住宅地の間にある駅に向かって、ゆっくりと歩いていると右手に公園があり何気に公園に寄ってみたら空を見上げて静かに涙を流す彼女…ユメミだった。

その表情は大きな孤独感に飲み込まれそうな感じだった。

そんな儚げな彼女を見ていたのは俺だけではなくホスト紛いの男に絡まれていた。

普段ならどんな女が絡まれようと別に気にも止めないはずだったのに彼女は助けなければと彼女肩を叩き

「待たせてごめんユメミ!!」

「え?鈴影しゃ・・・・」

ユメミの唇をひとさし指で押さえ黙らせ

「ユメミごめん飲み会が終わったら迎えに行くって待ち合わせしたのに接待が長引いて遅れた、本当にごめん怒ってるか?」

「あぁなんだてめぇ」

「それはこっちの台詞だ、彼女は俺のだ」

「ちっ、男待ちかよ!!もう少しだと思ったのに」

そう言うとユメミに絡んでいた男は帰って行った。
ユメミはそっと涙を拭いて俺に頭を下げた

「すみません鈴影社長、助けて頂いて」

「気にしないでユメミが…、君が絡まれてるのを見たら自然と体が動いたんだ。」

「え?」

「そのままじゃ帰れないだろう?そこに店があるから寄って行こう、大丈夫怪しい店じゃない、少しだけユメミと君と一緒に居たいんだ。」

そう言う俺はユメミを強引に肩を抱き寄せ、近くの喫茶バーに連れて行った。

カウンターに座り自分にはジンベースのギムレットをユメミにはデザート感覚で飲めるウイスキーベースのアイリッシュ・コーヒーを頼むと俺たちの前に運ばれてきた。

「さあ、ユメミこれ飲むと落ち着くから一口飲んでみて?」

「い、いただきます」

ごくりとゆっくりアイリッシュ・コーヒーを飲む姿が可愛くてじっくりとユメミを見てしまった。俺の視線に気が付いたユメミは

「あの・・・・鈴影社長?」

「あぁごめん見すぎてた?ユメミ、ここは社外だから社長は止めてくれないかな?」

「でも」

「ユメミ、君がよければ聖樹と呼んで欲しい、確かに俺は社長だがユメミには俺を一人の男としてみて欲しいんだ。」

俺の告白紛いの台詞に驚いた顔をしたユメミはすぐに悲しい表情になり

「私は今恋愛をしている暇は無いんです」

「なぜ?」

「私には守らなければならないものがあるんです。」

ユメミはアイリッシュ・コーヒーをもう一口ゴクリと飲む

「それはさっき公園での涙とかかわることなのかい?」

「・・・・はい」

「そっか、安心していい何も聞かないから」

俺達はたわいもない話をしながら少し時間をともにしていた。













てか鈴影さんユメミってナチュラルに読んでるし!!!

告白まで(笑)
スポンサーサイト
  1. 2014/06/14(土) 13:53:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<貴方の思い出は? | ホーム | 天吾の決意2>>

コメント

きゃーっ!

ベリキューさま!

こんばんは。
非日常、更新ありがとうございます!!待っていました!本当に本当にありがとうございます。
こうして、新しい作品が読めて、嬉しい限りです。
私、違和感なく、あ、こっちの鈴影さんも名前で呼んでる~。いつから?なんて暢気に考えてしまっていました。
よくよく考えたら、知り合って、そんなに日は経ってないですよね…。
ひょっとして、鈴影さん、プレイボーイですか…?

梅雨なのに、暑かったり寒かったりで、体調崩されていませんように。
  1. 2014/06/18(水) 20:41:01 |
  2. URL |
  3. ゆり #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikitomuku.blog69.fc2.com/tb.php/126-b8ce7c5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。