a Dreamy state of mind

ス/キ/ビ/と銀/の/バ/ラ/騎/士/団をこよなく愛す二次元サイトです。更新回数は低めです・・・・。初めましてをお読み下さい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手紙。

『お元気ですか?変わりはありませんか?いつもテレビの前で貴方の事応援しています。』



手紙。
サイド蓮



たまに名前の無い手紙が送られて来る。

そう、キョーコが俺の元から去った後からだ・・・・・消印は一定の場所では無くある時は九州ある時は四国転々と移動しているみたいだ・・・・・





キョーコと付き合いだして清い関係から始まり1年かけて身体を重ねることが出来た。

一緒に暮らすようになって新婚さんみたいな雰囲気だったのに3ヵ月の長期ロケが入った。最悪な事に海外ロケだ・・・・・・


キョーコに3ヵ月頑張って!!っと送り出されしぶしぶ行って帰って来たらキョーコがいなくなっていた。

予定が早まりそうだよと伝えたその後から電話がなかなかつながらなくなっていた一抹の不安を抱えながら予定より早く帰国した。

暗い部屋にひんやりとした空気、微かに埃の臭いが鼻空をくすぐる。住人のいない独特の香り、キョーコは随分前からこの部屋にいない事がわかった。
俺は目の前が真っ暗になってしまい取りあえず今さっき別れた社さんにキョーコのスケジュールを確認してもらう事にした。

電話を待つ間何も手が付かずただ人形のようにリビングに座っていた。

目の前の携帯が振るえた。落ち着く様に自分に言い聞かせ電話に出た。

「はいもしもし。」

「蓮大変だ!!キョーコちゃんがキョーコちゃんがいなくなった!!」

頭の中が真っ白になってそのあとの話は全く耳に入らなかった。

今だになにか話してる社さんを遮り

「社長の所に行って来ます。社さんはキョーコがいきそうな場所や事務所、琴南さんの家やダルマ屋に連絡して下さい。」

やっと愛しいキョーコと会えると思ったのになぜ?

愛車を飛ばし社長宅へ向かった。




「社長!!キョーコがいなくなったって!!」

「蓮!!最上くんに何をして何を言った!!」

「俺がキョーコを傷つける事言うわけ無いでしょう!!」

「んじゃこの記事はなんだ??」

社長が持っている雑誌は以前受けた記事だった

「これがどうしたんですか?」

「お前が海外ロケに行ってる時発行された対談だ。発売日に泊まりに来てな、マリアと最上くんが一緒にこの記事読んだら、その後から最上くんの様子がおかしくなって2~3日たって最上くんが急に辞めたいと言い出した。どんな仕事もきちんとこなす最上くんがかなり追い詰められてたようだった。」

「なぜだなぜキョーコがいなくなったんだ?」






初シリアス書いてみました・・・・・・しかも連載物になってしまった・・・・・・見切り発車上等!!

いやかなり必死に書きました。
自分自身が落ち込んで書けなくなったりと大変でした。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/02(金) 21:26:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<コメントお返しです!! | ホーム | コメントお返し!!>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/07/03(土) 22:30:58 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikitomuku.blog69.fc2.com/tb.php/88-310c3b7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。