a Dreamy state of mind

ス/キ/ビ/と銀/の/バ/ラ/騎/士/団をこよなく愛す二次元サイトです。更新回数は低めです・・・・。初めましてをお読み下さい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手紙。。3

サイドキョーコ



洋服では隠しきれなくなったお腹を抱えた私は、日本を飛び出しアメリカのビバリーヒルズのど真ん中にあるとーさんの所に遊びに行くことにした。



とーさんとは芸能界を辞めた時に報告したら、辞めた事には何も触れずただ遊びにおいでと誘ってくれた。


その言葉に甘えアメリカまでの片道のチケットを買い、ボストンバックに少ない荷物を詰め二度と帰って来る事は無いだろうと日本を飛び出した。

とーさんには到着日時をメールで送ると空港まで迎えに来てくれていた。

さらに飛行機の座席がエコノミーからファーストクラスに変わっていた

「可愛い娘が窮屈な座席に座るのは可哀想だから」らしい
さすがに私のお腹を見て驚いていたけど

「初孫!!」

と大喜びで相手の事は何も聞かずに家のに連れて行き温かく迎え入れてくれた。

その時出されたココアは優しくて優しくて挫けそうな私の心を救ってくれた。


とーさんと並んで座るソファーはゴージャスだけどどこか温かくて何だか涙が出て来た。



~~~~~~~~~~~

『ただいま!!あなたキョーコは?私の可愛いキョーコは??』

『シー、ジュリ今やっと寝たよ』

『残念・・・仕事が終わらなくてキョーコを迎えに行けなかったからいっぱい話そうと思ったのに・・・・・・』

『今は疲れてるから寝せてあげよう。』

『あらキョーコ妊娠してるの?』

『みたいだ、ボスが《最上くんからコンタクトが合ったら何も聞かずに受け入れてやってくれ》と頼まれたから何も聞けなかった。』

すよすよと眠りの世界に旅だったキョーコの寝顔に
『キョーコ、なにか辛い事を一人で抱えて耐えていたのね・・・・大丈夫よ私たちがあなたを幸せにするわ!!』

『そうだ!!もうすぐ生れてくる子のためにも俺たちが稼ぐぞ!!』

『あらあらお祖父ちゃんは大変ね』

『守る家族が増えたからな!!さてここはソファーだからゲストルームに寝せて来るよ。ジュリ、夕食は俺が作るからキョーコと一緒にいてくれないか?妊娠中は情緒不安定になりやすいから。』

『そうね・・・・』

妊婦に斬新な味付けは好ましくないのでたたみかけて言う

『キョーコには父親だけでなく母親の愛情も必要さ!!俺には話難いことも母親には言いやすいからな。』

『もしかして役得???』

『かなりね(笑)』

『んじゃ役得いただくわ!!』




END





私はクー夫婦が大好きです♪♪♪♪

彼らが出て来ると長くなりまーす!!
スポンサーサイト
  1. 2010/07/14(水) 20:30:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コメントお返しです!! | ホーム | リンク追加のお知らせ!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kikitomuku.blog69.fc2.com/tb.php/93-fa720067
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。